ホームページ作成の費用相場は?種類・規模別の相場早見表を紹介!

ホームページ制作を企業に依頼する際、最も気になるのが制作費用の相場ですよね。

実際に制作会社をいくつか見比べてみると、制作費用にはかなりバラつきがあることが分かります。
「結局どの会社に頼むのが1番お得なんだろう?」と、迷ってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?

 


相場感が分からないまま発注してしまうと、知らない間に不必要なオプションをつけられていたり、お金をムダにしてしまうことにもなりかねません。

 

そこで今回は、ホームページ制作にかかる費用を「相場早見表」を交えてご紹介します。

ホームページの種類による相場の違いや、完成後の運用業務にかかる相場も解説するのでぜひご覧ください。

 

 

ホームページ制作の項目別相場一覧

 

まずはホームページ制作の制作工程と、それぞれの項目別の相場を確認していきましょう。

 

ホームページの制作工程

小・中規模の企業サイトやオウンドメディアなど、一般的なホームページの制作工程は主に以下の3つに分けられます。

 

制作工程企画構成

デザイン・コーディング

運用・サポート

 

  • 企画構成

企画構成の段階では、まずサイト設計やデザインのテーマなど、ホームページの全体像を定めます。
この時作られる仕様書はホームページ制作のいわば「設計図」のようなもの。
そのため依頼主へのヒアリングも丁寧に行われ、担当ディレクターが窓口となるケースが大半です。

このフェーズの費用は、企画構成費としてまとめて計算する場合と、ディレクターの1日あたりの人件費で見積もる場合の2パターンがあります。

 

企画・構成費 10万円~
ディレクターの人件費 3~6万円/日

 

なんだ、担当者が作るわけじゃないのか。

いいえ、担当ディレクターはいわば設計士や現場監督に近いポジションです。担当ディレクターの腕次第でホームページ全体の仕上がりが決まります。

  • デザイン・コーディング

サイト構成が決定したら、いよいよ実際にホームページを制作するフェーズです。
デザイナーやコーダーがそれぞれの業務にあたります。この時の費用はデザイン費・コーディング費などとしてまとめて計算する場合と、デザイナーやコーダーの作業量を1日あたりの人件費として見積もる場合、そして現在主流となっているページごと、作業内容ごとに見積もる場合の3パータンです。
ページや作業ごとの相場は、以下の通りです。

 

トップページ作成費用 7~20万円
下層ページ作成費用 2~8万円/1ページ
LP(ランディングページ)作成費用 5万円~
バナーデザイン作成費用 5千円~2万円

 

トップページと下層ページの作成費用は、モバイルフレンドリーに対応するかどうかでも変化します。
モバイル用にPCとは別のデザインを用意する場合は、それぞれの工程に費用が必要です。
また、通常よりも工数がかかったり、以下のような内容を含む場合は費用が上乗せされることもあるでしょう。

 

お問い合わせフォーム設置 2万円~
CSS設計費 2万円~
CMS実装費 5万円~
SSL設定費 2万円~
JavaScript実装費 1万円~
SEO対策費 5万円~

 

JavaScriptは活用場面が多く、費用は内容によって大きく変動します。
アコーディオンメニューなどの一般的なものであれば、大体1万円程度が相場です。SEO対策費ははじめから制作費に含まれている場合もありますが、オプションとして別途用意している制作会社もあります。

訳の分からんカタカナがいっぱいでできたな。

かいつまんでご説明します。完成したデザインをネット上で見える形にすることをコーディングといいます。CSSはデザイン・レイアウトに必要な仕組み、CMSは専門知識がなくてもサイトの運営更新をするためのシステム、SSLは第三者に情報を書き換えられないように暗号通信をする仕組み、JavaScriptはページを閲覧するお客さんがページを開けたり文字を記入したりする仕組みのことです。

  • 運用・サポート

ホームページ制作は、サイトが完成してそれで終わりではありません。
完成後も定期的に効果測定を行い、アクセス数が期待通りの数値に達しているか調べる必要があるのです。
そして場合によってはさらにページを増やしたり、いくつかの構成を見直すといった「運用」のフェーズに入ります。
サイト運用にかかる費用には、主に以下のような項目があります。

 

アクセス解析レポート費 5万円~/月
コンテンツ用ライティング費 1万~3万/1記事
Web広出稿代行費 5万円~/月
SNS運用代行費 5万円~/月

 

「アクセス解析レポート」はサイト全体、各ページごとのアクセス数の推移を報告するのが主な作業です。
ただレポートを提出するだけでなく、コンサルティングまで含む場合はもう少し料金が上乗せされるでしょう。

また、リスティング広告の出稿やSNSの運用の代行サービスを展開している制作会社もあります。
近年、SNSからの流入数は無視できないものがあるため、戦略的に運用を外注する企業も増えています。

 

サイト内コンテンツ用のライティングは文字数や取材の有無によっても変動しますが、1記事あたりの相場は1万~3万円が目安です。

運用とサポートにまで費用がかさむと思わなかったな。

ホームページはいわば御社の顔です。今や多くのお客様、取引先、求職者がはじめに訪問する窓口です。閲覧するのは若い方ばかりではありませんよ。

ホームページ制作の種類・規模別相場一覧

ホームページ制作の費用にはかなり金額の幅があります。
料金設定の違いもありますが、1番の理由はホームページの種類によって必要な制作内容や工数が異なるためです。
そこでつづいては、ホームページの種類別・規模別の料金相場をご紹介します。
今回はホームページ制作に必要な工程を一式発注した場合の費用を概算し、相場早見表としてまとめてみました。

 

サイトの種類 おおまかなページ数 料金相場
企業サイト(小規模) 10P 40万円~
企業サイト(中規模) 30P 80万円~
飲食店サイト 5P 20万円~
エステ・美容院サイト 10P 40万円~
整体・マッサージサイト 15P 40万円~
教室・スクールサイト 15P 50万円~
病院・医療サイト 15P 50万円~
ECサイト 30P 300万円~
ランディングページ 1P 5万円~

 

企業サイト(中・小規模)

小規模な企業サイトの制作は、一式40万円~が相場です。
小規模というのは会社概要や事業紹介、企業理念、お知らせやお問い合わせフォームなどが一通り揃ったシンプルなサイトを想定しています。
お知らせの更新頻度も年に数回程度あれば、CMSなどを導入せずにhtmlで運用した方がコストを下げることができるでしょう。

 

一方、中規模サイトはページの数や情報を充実させ、サービス内容や求める人材といった情報をより深く紹介するサイトを想定しています。
お知らせの頻度も増えるケースが多いので、Wordpressを導入するなどしてCMSでの更新を可能にします。
どちらもあまり情報量が少ないとSEO的に不利になる可能性があるため、場合によってはページ数を増やすなどして対応することもあるでしょう。

CMSとは、私でもホームページの情報を書き加えたりする仕組みだろう。それにして初期費用だけでも高いもんだな。

その分、ホームページを開設することで、今までにない新しいお客さんが増えたり、既存のお客さんがファンになってくれるチャンスです!新しい店舗を出店するほどの意味があります。

 

飲食店サイト

飲食店サイトでは写真の見栄えが重要になるので、料理や内装写真はプロのカメラマンに任せる方がおすすめです。
いくらかコストが上乗せされることになりますが、それでも企業サイトと比べると最安値はだいたい20万円と控えめになります。
というのも、飲食店サイトはページレイアウトをパターン化しやすく、はじめからある程度サイト構成が定まっているのです。
オリジナリティー溢れるレイアウトにしたい場合は話が変わってくるので、予算が中規模企業サイトに近づく可能性もあるでしょう。

また、飲食店サイトの制作ではお知らせだけでなく、メニューの更新頻度も考慮に入れます。
季節限定メニューを展開していたり、メニューの変更頻度が高い場合はCMSを導入するケースが大半です。
ホームページ制作にかかるコストは上がってしまいますが、その分サイト更新のコストは下げることができます。

食べログやgoogleビジネスには登録しているんだが。

いいポイントです! 飲食店の場合、多くのお客さんはgoogleマップ、SNSの情報をきっかけに訪れます。googleビジネスに未登録のお店は登録してから、ホームページ作成を検討してみてはいかがでしょうか。

エステ・美容院サイト

エステや美容院の場合も、飲食店と同じく相場は40万円~。
エステサロンや美容院のサイト制作では、アクセスしたお客さんが直接予約を取れるような仕組みをつくっていきます。

 

とはいえ予約システムは一から開発しようとするとかなりコストがかかってしまうので、既存のネット予約システムサービスを利用する方がおすすめです。
また、自店のサイトからネット予約を可能にすると、外部ページからの予約とダブルブッキングにならないように注意を払う必要があります。
店舗を運営する上で、これもある意味コストになるのです。
こうしたいくつかのコストを考慮し、「自店サイトからは電話予約オンリーにしている」というお店もたくさんあります。

 

また、エステサロンや美容院は飲食店と同様に、写真の比重も重くなります。
内装やサービス内容などはできるだけプロのカメラマンに依頼し、見栄えの良い写真を撮影してもらいましょう。

 

整体・マッサージサイト

整体やマッサージサロンもエステと似たような構成になるので、相場感もほとんど同じです。

 

女性向けに特化したエステと比べ内装や外観が訴求点になりづらいので、健康情報に関する情報発信を行うサイトが増えています。
店長やスタッフ自ら記事を作成する場合もありますが、SEO的に強いページを量産するならライティングを外注するのもひとつの手です。
今回記載したのはライティング費やSEO対策費を含まない前提の相場感なので、もし外注するならさらにコストがかかります。

よし、外注に頼んで、がんに効く情報をどんどん出そうか。

絶対にやめてください。医学的効果を含む情報発信は、薬機法により処罰の対象となる恐れがあります。

 

教室・スクールサイト

スクール系のサイトは教室内や生徒がレッスンを受けている様子など、写真が多く必要になる場合もあります。
「ここでレッスンを受けてみたい」と思わせるためにも、やはり写真の見栄えは大切です。
基本的にはプロのカメラマンに外注する前提で費用相場を概算しました。

 

また、レッスン内容の説明や料金表の他、在籍生や卒業生の声を掲載したり、体験レッスンへの訴求も重要です。
講師陣の詳細なプロフィールを掲載する場合も多いため、ヒアリングやミーティングを重ねるケースも多いでしょう。

 

病院・医療サイト

病院をはじめとした医療施設のサイトでは、診療内容に関して細やかな情報を記載する必要があります。
そのため教室やスクール系のサイト同様に、ヒアリングやミーティングを重ねていくケースも多いでしょう。
また、院内設備の撮影もプロのカメラマンに任せることを想定しています。
掲載情報や撮影のボリュームは病院の規模によって変わるので、予算もそれに伴い変動します。

 

ECサイト

ECサイト(ネットショッピングサイト)はECショップシステムを実装する必要があるため、を今回ご紹介するケースで最も相場が高くなります。
最安値は300万円としましたが、これはあくまで既存のプラットフォームを利用した場合。
もしプラットフォームを使用せずに一からシステムを作る場合は、1000万円を越える場合も少なくありません。
費用を抑えるためには要件を明確にすることが重要ですが、「ネットショップ作成サービス」を利用するのもひとつの手です。
ネットショップ作成サービスを使えばコストをぐっと抑えることができますが、一方で利用料などのランニングコストが発生し、自由度も格段に下がります。

 

ランディングページ

ランディングページ(LP)とは、ネット広告やリンクをクリックした際に表示される、商品やサービスへの購入を促すことを目的としたWebページです。
一般的には長い1ページに画像や情報を掲載する場合が多く、最近はイラストや漫画を取り入れたページも増えてきています。
今回ご紹介したのはそういったイラストや漫画制作を外注しない場合の費用相場です。
ランディングページは掲載内容やボリュームによって費用の振れ幅が大きいため、どのようなページをつくりたいかどうか明確に決めておくことが重要です。

 

 

作業内容別相場一覧

ホームページ制作にかかる費用は撮影や取材の有無などによって大きく変動します。そこで最後は、写真撮影やデザイン、ライティングなど作業内容別の費用相場をご紹介しましょう。
「写真だけプロのカメラマンにお願いしたい」「デザインだけ外注したい」という場合もぜひ参考にしてみてください。

 

  • 写真撮影

カメラマンへの依頼はカット数で変動することもあれば、1日単位で料金が設定されていることもあります。
商品撮影の場合、1日で可能な撮影枚数はおおよそ30枚程度です。
撮影スタジオを借りたり、カメラマンに遠方から来てもらう場合は別途費用が必要になる可能性もあります。

 

写真撮影(商品・店舗内装・人物) 3万円~8万円/1日

 

 

  • WEBデザイン関連

 

トップページ(PC用) 5万円~13万円
トップページ(スマホ用) 4万円~10万円
トップページ(レスポンシブウェブデザイン) 8万円~16万円
下層ページ(PC・スマホ単体) 2万円~5万円
下層ページ(レスポンシブウェブデザイン) 2万円~7万円
派生ページ 1万円~3万5千円
ランディングページ(PC用) 6万円~20万円
ランディングページ(レスポンシブウェブデザイン) 10万円~25万円

 

レスポンシブウェブデザインとは、PCで開いた時とスマホで開いた時で、それぞれ表示が最適化されるデザインのこと。
相場表を見ても分かる通り、PC用とスマホ用を個別に発注するよりも費用を抑えられる場合もあります。

 

  • 取材・ライティング

 

取材・ライティング 2万円~8万円

 

取材や記事ライティングの費用は、取材内容やライターによって振れ幅が大きい印象です。
今回記載した費用は、取材後に2000文字程度の記事を執筆した場合を想定しています。

ホームページを作るもの決して安くはない買い物だな。

ホームページ制作はインターネット上に新しい店舗をオープンさせることと同じです。制作会社と円滑なコミュニケーションをはかるため、提案依頼書などしっかり準備しておきましょう。

まとめ

ホームページ制作費用は制作会社によって大きく異なりますが、相場を知れば適正価格のサービスを受けることができます。
コスト面のみで制作会社を選定することはできませんが、言われるがままに余計なお金を払ってしまうことがないよう、相場感はしっかりつかんでおきましょう。こちらのホームページ制作が失敗する理由とweb制作会社の選び方の記事も参考にしてみてください。